糖尿病の症状を把握しよう|まずは対策が肝心

身体の異常

後ろ姿

現時点で糖尿病にでないからといってならないとは言えません。特に肥満体型で毎日お菓子やジュース、お酒などを口にする人は注意が必要です。肥満体型だった人が急激に痩せて症状が出たら糖尿病の可能性が高いので早急に検査をする必要があります。

Read

血糖管理の重要性

医師と患者

糖尿病の症状には、初期は口渇、多尿、頻尿などがあり、早期発見と受診が必要です。また、糖尿病の診断を受けたら、それが重篤化して、重い合併症に陥らないよう血糖の管理が必要となります。その方法として、アプリを利用するなど、様々な工夫をする必要があります。

Read

初期発見するために

医者

サインを見逃さない

糖尿病は進行させてしまうと、血糖値が常に高い状態になってしまいますので血管がボロボロになってしまう血管病になってしまいます。更に、栄養の供給がうまく行えなくなり、全身の臓器に様々な障害を抱えてしまいます。ですから、糖尿病は初期のうちに発見して適切な処置を行う事が重要になってきます。ところが、厄介なのが糖尿病は初期の症状が分かり難く気にしていないと見過ごしてしまう事も少なくありません。注意するポイントとして、やたら喉が渇いて水をがぶ飲みするようになったり、体重が減少したり、疲れやすくなったりする症状が初期は発生します。とは言え、これだけでは中々糖尿病にはつなげ難いので周りの人が異変に気付いてあげるのも重要です。少しでもおかしいと思ったら医師の診断を受けるように勧めてあげれば糖尿病の初期での発見も可能です。

観察して見つける

糖尿病の初期症状は、喉が渇く事や疲れやすさなどが現れますから、見抜くことは中々大変です。ただ、その他にも観察する事で糖尿病を発見できる可能性があります。例えば足の裏の感覚が分からなくなりますので、良く転ぶようになったりします。他にも尿の量が多くなったり、尿がやたら泡立つようになったり、急激な視力の低下が起こったりと、これらは本人でないとなかなか気付き難いポイントですが、気を付けていれば分かりやすい初期症状です。少しでもおかしいと思ったら、普段からこう言ったポイントを押さえて観察する事が重要です。最終的には自分の身体は自分にしか分かりませんから、身体から発する糖尿病のサインを見逃さないようにしないといけません。初期で発見出来れば、進行を食い止める事も出来ます。

尿に異常が現れる疾患

ナース

糖尿病は一生付き合っていく病気である為、早期発見・早期治療が大変重要とされています。糖尿病の初期症状が頻尿、尿の泡立ちが消えない、尿量の増加などです。これらの症状が現れたらすぐに内科で検査を行いましょう。糖尿病の治療は食事療法、運動療法、薬物療法が基本となります。

Read